私は君のトリコさ

書きたいことをブワーっと。

GR8EST 東京公演に行ったお話

 

あの日から私の中の時間は止まったままだった。そう、忘れもしない2018年4月15日。すばるくんがジャニーズ事務所を辞めると会見した日。私はあの日から遠ざけていた青春時代を捧げた彼らのことを。ヲタク人生の始まりだった彼らを。曲も聴けなくてTVもなかなか観れなかった。これでもかってぐらい関ジャニ∞を遠ざけた。

 

ライブが近くても聴けなかった曲達。

だって、聴いてしまえば7人の声が聴こえてしまう。

こんなにも万全の状態で挑まないライブはないだろう。時間の進みが早く感じました。

 

さて、そんなこんなで東京公演3日間お邪魔してきました。

久しぶりのドーム。去年ぶりの関ジャニ∞

中に入ると並んでる楽器達。ぐるりと見渡すとスタンドマイクが1本足りないなって思った。

でも、いざ始まると冷静にみてる自分がいました。すごく冷静にみれたの。けれど、どんどん曲が進むごとに嫌でも感じてしまう。すばるくんの声がないことに。ここのパートはすばるくんだったなとかついつい思ってしまう。亮ちゃんと歌ってたとこだったな。とか感じてしまう。どんなに思っても、もう彼は居ないのにね。

でもね、それと同時に感じたこともありました。6人の俺らは前に前に進んでるんだっていう勢い(思い)もすごくて1番辛いのは彼らなのにそれを1ミリも感じさせない彼らはすごかった。俺らについてこい!っていう勢い。何人だって変わらない、関ジャニ∞関ジャニ∞だ!っていうパワーにまたウルっときました。

なんだかあの時ぶりくらいにひとつに感じた関ジャニ∞だった。アホで楽しそうな関ジャニ∞

そんな彼らの笑顔をずっとずっと守っていきたい見ていきたいそう感じさせてくれました。

 

誰よりも楽しそうで見守ってるヒナちゃん

いくつになってもいじられキャラヨコ

マザーテレサみたいに優しい安

ファンに寄り添ってくれるまるちゃん

毒舌だけど優しくて繊細な亮ちゃん

まっすぐな気持ちで向きあってくれるたっちょん

 

関ジャニ∞ってめちゃくちゃいいグループ。

すっごくあったかいグループ。

 

ここに はまさに新しい彼らを表してる曲だなと思った。

始まるんじゃない はじめるんだぜ

これから泥臭くもがきながら彼らは彼らなりの新しい色を魅せてくれるだろう。

新生関ジャニ∞にたくさんの幸せが降り注ぎますように

いつまでもいつまでも彼らが笑ってられるような素敵な人生になりますように

 

そして、どうしても書き残したいことをかかせてください。

6日の亮ちゃんは女抱いた後の錦戸亮って感じの色気でした!!!7日のスカパラさまとのセッションは鳥肌が立つほどでした!8日のKuraTikの亮ちゃんめちゃめちゃかわいかったしKING作文の亮ちゃんみれたのよかった!

ありがとうございました!

素敵な3日間でした、最高だったよ!

私の平成最後の夏はこれにて終了です!!

 

関ジャニ∞に幸あれ...!

ファイト!関ジャニ!無限大!エイト!f:id:purepureheart-htt504:20180926111608j:image